HAKUTO-R

私たちは、挑む。
一度は超えられなかった高い壁を知っているからこそ。
限りない試行錯誤と経験を積み重ねてきたからこそ。
まだ見ぬ可能性への飽くなき探究心と好奇心がある限り。
世界を、日本を、あなたを高鳴らせるビジョンを抱いている限り。
さまざまな分野のスペシャリストたちが加わったチームで。
より進化したランダーとローバーで。それを打ち上げるロケットで。
そう、私たちは、挑む。
あなたの、みんなの、想いとチカラを結集して。
さぁ、前例のないチャレンジへ、史上初の民間月面探査へ。
私たちispace は、新しい一歩を踏み出します。

「HAKUTO-R」とは?

HAKUTO-Rは、ispaceが2023年までに行う2回の月探査ミッションを統括するプログラムです。
独自のランダーとローバーを開発して、2021年に月面着陸と2023年に月面探査の2回のミッションを行います。SpaceXのFalcon9を使用し、それぞれ2021年、2023年に打ち上げを行う予定です。

「HAKUTO-R」にこめられた想い

HAKUTO」は、人類初の月面探査レースGoogle Lunar XPRIZEに参加した日本初のチームです。
2015年にレースの中間賞を受賞、2017年にはファイナリスト5チームに選出されましたが、他チームのランダー開発とロケット契約が成立することを前提したことで自力での月輸送ができず、2018年3月の期限をもってレースへの挑戦を終了しました。
今回の月面探査プログラム「HAKUTO-R」には、HAKUTOを応援していただいた多くの皆様の想いを継承しつつ、初心に立ち返って、日本初の民間月面探査実現への挑戦を"R"eboot(再起動)するという想いを込めました。ロゴは、HAKUTOでモチーフとした白いうさぎと頭文字の「H」を継承しながら、さらに一筆書きできる曲線によって地球から月へ向かうランダーの軌道と月面を表現しています。
「HAKUTO-R」にこめられた想い

HAKUTO-Rの2つのミッション

Mission1 月面着陸
2021年
Mission1は、日本初、民間主導でランダーを月面に着陸します。
Mission2月面探査
2023年
Mission2では、月面着陸と搭載したローバーでの月面探査を目指します。
お客様の荷物を月へ運び、月面のデータを地球へ届けるデモミッションを行います。
目的は、Mission1同様に、月の情報と地球-月輸送サービス構築に向けた技術検証です。

PARTNER

HAKUTO-Rプログラムは世界初の月面探査の実現だけではなく、民間企業に月での新規ビジネスチャンスを提供し、月を地球の経済・生活圏に取り込むことを目指しています。
HAKUTO-Rの挑戦に共感し、支えてくださる企業の皆さまを紹介します。

CORPORATE PARTNERS

JAL
MS&AD
NITTOKU
CITIZEN
SUZUKI
SUMITOMOCORP

MEDIA PARTNERS

TBS
朝日新聞
小学館

HAKUTO-R SUPPORTERS CLUB

民間初の月面探査プログラムを共に応援する仲間として、HAKUTO-Rを盛り上げたい、一緒に楽しみたい、という皆さんのために「HAKUTO-R SUPPORTERS CLUB」を開設しています。
一緒に民間初の月面探査プログラムに挑戦しましょう!

Contact
運営会社:株式会社ispace
105-0014 東京都港区芝2-7-17 住友芝公園ビル10F
Tel. 03-6277-6451
一般お問い合わせ
email: info@ispace-inc.com
メディアお問い合わせ
email: pr@ispace-inc.com