About HAKUTO-R

「HAKUTO-R」とは?

HAKUTO-Rは、ispaceが2023年までに行う2回の月探査ミッションを統括するプログラムです。 独自のランダーとローバーを開発して、2022年に月面着陸と2023年に月面探査の2回のミッションを行います。SpaceXのFalcon9を使用し、それぞれ2022年、2023年に打ち上げを行う予定です。

Mission 1

2022年

月面着陸

Mission1は、日本初、

民間主導でランダーを月面に着陸します。

Mission 2

2023年

月面探査

Mission2では、

月面着陸と搭載したローバーでの月面探査を目指します。

お客様の荷物を月へ運び、月面のデータを地球へ届けるデモミッションを行います。

目的は、Mission1同様に、月の情報と地球-月輸送サービス構築に向けた技術検証です。

「HAKUTO-R」に

こめられた思い

「HAKUTO」は、人類初の月面探査レースGoogle Lunar XPRIZEに参加した日本初のチームです。 2015年にレースの中間賞を受賞、2017年にはファイナリスト5チームに選出されましたが、他チームのランダー開発とロケット契約が成立することを前提したことで自力での月輸送ができず、2018年3月の期限をもってレースへの挑戦を終了しました。

今回の月面探査プログラム「HAKUTO-R」には、HAKUTOを応援していただいた多くの皆様の想いを継承しつつ、初心に立ち返って、日本初の民間月面探査実現への挑戦を”R”eboot(再起動)するという想いを込めました。

ロゴは、HAKUTOでモチーフとした白いうさぎと頭文字の「H」を継承しながら、さらに一筆書きできる曲線によって地球から月へ向かうランダーの軌道と月面を表現しています。

About HAKUTO-R

EN