Project


 
 

ispaceは、賞金総額3,000万ドルの民間月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」に日本から唯一参加するチーム「HAKUTO」を運営しています。ミッションは、まず月面に純民間開発の無人探査機を着陸させること。そして着陸地点から500m以上走行し、指定された高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること。これを最初に達成したチームに優勝賞金2000万ドルが与えられます。

ベンチャー、大学、そしてプロボノと、様々なバックグラウンドを持った人材が集まり、KDDI、IHI、JAL、Zoff、リクルートテクノロジーズ、スズキ、セメダインの支援を得て、Google Lunar XPRIZEに挑戦するプロジェクト「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」で世界初の民間月面探査を目指しています。2015年1月には、月面ミッションを達成できる能力のローバーを開発したその技術力が評価され、Google Lunar XPRIZE中間賞のモビリティ部門を受賞しています。

現在、世界各国から16チームが参加していて、レースの期日は2017年末と、残された時間はあとわずか。私たちと一緒に、民間の力で月を目指しませんか?